2020年12月6日日曜日

UiPath Acrobat ReaderでPDFファイルを開く

 UiPathでAcrobat ReaderでPDFファイルを開く際に、「アプリケーションを開く」アクティビティ使ってPDFファイルを指定すればできるでしょ、と思ってたらうまくいかなかったのでメモ残しておく。


以下のいずれかの方法で開けます。

(UiPath Studio 2020.10.2 (CE)、Adobe Acrobat Reader DC 2020.013.20066 で確認)


その1:「アプリケーションを開く」(OpenApplication)アクティビティの場合

セレクター

"<wnd app='acrord32.exe' cls='AcrobatSDIWindow' title='*.pdf - Adobe Acrobat Reader DC' />"

ファイル名

"C:\Program Files (x86)\Adobe\Acrobat Reader DC\Reader\AcroRd32.exe"

引数

"-path " + Chr(34) + 開きたいPDFファイルのパス + Chr(34)

  • 引数に "-path " を入れてから開きたいPDFを指定する。
    [参考] 既存PDFを開く方法 - 日本 / フォーラム - UiPath Community Forum
    https://forum.uipath.com/t/pdf/150075

  • 開きたいPDFのパスにスペースが入ると開けないので、前後をダブルクォーテーション=Chr(34) で囲む。
  • 複数のPDFファイルを開きたい場合は、半角スペースを入れて次のファイルを指定する。("-path" は最初の一つだけでOK)


 その2:「プロセスを開始」(StartProcess)アクティビティの場合

ファイル名

"C:\Program Files (x86)\Adobe\Acrobat Reader DC\Reader\AcroRd32.exe"

引数

Chr(34) + 開きたいPDFファイルのパス + Chr(34)

  • 引数に "-path " は不要。開きたいPDFを指定するだけでOK。
  • 開きたいPDFのパスにスペースが入ると開けないので、前後をダブルクォーテーション=Chr(34) で囲む。
  • 複数のPDFファイルを開きたい場合は、半角スペースを入れて次のファイルを指定する。

2020年9月29日火曜日

UiPath ファイル作成時のエンコーディングの指定による違い

UiPathでファイルに対するデフォルトのエンコーディングは UTF-8 とのこと。ファイル作成時のエンコーディングの指定によって、作成されるファイルがBOM付き/BOM無しと違っていたので?と思って調べてみた。

(UiPath Studio 2020.4.3 (CE)で確認)

■アプリの連携>CSV>CSVに書き込み(WriteCsvFile) アクティビティ

書き込み元データ:DataTable

Encodingの指定作成されるファイル
未指定UTF-8 BOM付き
""UTF-8 BOM付き
"UTF-8"UTF-8 BOM付き


■システム>ファイル>テキストをファイルに書き込み(WriteTextFile) アクティビティ

書き込み元データ:String

Encodingの指定作成されるファイル
未指定UTF-8 BOM無し
""UTF-8 BOM無し
"UTF-8"UTF-8 BOM付き


追記:2020/12/06 UiPath Studio 2020.10(CE)で確認
「CSVに追加」(AppendCsv)アクティビティで "Shift_JIS"を指定してもダメ!? UTF-8で書き込まれてしまう。 → UiPathのバグっぽい?
(ちなみに、既存ファイルがない時に「CSVに追加」でShift_JIS指定は動作OK ← 意味ないけどね)

[参考] AppendCsvFile使用時の文字化けについて - 日本 / フォーラム - UiPath Community Forum

2020年5月28日木曜日

UiPath Studio 繰り返しアクティビティでContinueとBreakが使用可能になった

ついにというか、やっと?、UiPath Sudio で繰り返し(前判定/後判定)アクティビティ内で、「Continue」と「Break」 が使えるようなった!

なお、使用できるようにするためには、「UiPath.System.Activities」パッケージを v20.4.x へバージョンアップする必要があります。会社で使っている方々とっては、簡単にバージョンアップできないだろうから、すぐに恩恵に預かるのは難しいでしょうが。

UiPath.System.Activities リリースノート
https://docs.uipath.com/releasenotes/lang-ja/docs/uipath-system-activities#section-v-20-4


2020年5月14日木曜日

UiPathStudio(CE) 式エディターをキー操作で閉じる

UiPath Studio上の 式エディター をキー操作だけで閉じる方法
Community Edtion v2020.4.0で確認

式エディター
■変更確定 [OK]ボタンとして閉じる
 [ALT]+[ENTER]キー

 ※何かしら変更がないと使えません。

■変更取消 [キャンセル]ボタンとして閉じる
 [ALT]+[F4]

 ※連打しないように注意。Studio自身も落ちちゃうよ!

----------------------
以前は、UiPathStudioの式エディターを閉じるときは、TABキーを押せば、[OK]ボタンにフォーカスが移って、続けて[Enter]キーでよかった。もしくは、[ESC]キーで。
先日からそれができなくなった。

バージョンがあがった影響。確認したら、「Studio Pro 2020.4.0 - 2020/05/04」でした。
…ところで、"Pro"って何? 以前はなかったような。


いちいちマウスに持ち替えて[OK]押す操作って面倒じゃないですか! なわけで、いろいろとキーを試してみた次第です。
とりあえずキー操作だけでできるのがわかったが、2つキー押すのもやりにくいのも事実。 以前の仕様に戻してもらえるといいなぁ。

2020年5月13日水曜日

Excel上で、ツリー構造のような表示

わかりにくくてすみません、単なる個人的なメモとして残すために書きました。

■目的
ファイルリストのような階層データを treeコマンドの出力結果のようにしたい

■G1セルの式
=IF(A1<>"",A1,IF(COUNTIF(A$1:A1,"<>")=0,"",IF(B1<>"",IF(AND(A2="",G2<>""),"├","└"),IF(AND(A2="",G2<>""),"│",""))))

詳細は以下の画像で確認


2019年9月16日月曜日

pximouse / TiltWheelMouse.exe がいつの間にかインストールされていた件

タスクマネージャーを確認するとなにやら見慣れないプロセスがいた。
"pximouse (32ビット)" ってなんだ?

個人の結論としては、

  • 怪しいものではなさそう?
  • 自分としては不要かな、ということで削除しました。

※必要な人もいる? から、削除するか否かは 各自で判断!作業は自己責任で!

ググっても情報が少ないため、備忘として書いておく。


■参考
pximouse | αのブログ
https://ameblo.jp/jaralux/entry-12317913953.html

Windows10 スタートアップに登録されているアプリを削除する | パソコンの問題を改善
https://pc-kaizen.com/windows10-delete-app-on-startup


■手順メモ

  1. スタートアップで、"pixmouse" を無効にする。
  2. プロセス "pixmouse" を停止させて、実行ファイル "C:\Windows\System32\TiltWheelMouse.exe" を削除。
  3. 該当のレジストリを削除する。 …念のため、削除前にバックアップ(エクスポート)
    "コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run" 内の "MouseDirver" を削除
  4. PC再起動して動作確認。

環境:Windos10 64bit

タスクマネージャー>スタートアップ "pixmouse" (発行元 "Pixart Imaging Inc")
→ 無効にする。


タスクマネージャー>プロセス "pixmouse (32ビット)"
→ 停止させる。


エクスプローラ "C:\Windows\System32\TiltWheelMouse.exe"
→ 削除する。

(参考) ファイルのプロパティ "TiltWheetlMouse.exe"


ファイルを削除しただけだと、以下のようにスタートアップ項目に残ってしまうので、レジストリから該当の項目を削除する。 … ファイル削除してあるし、スタートアップも"無効" だから問題ないんだろうけど、なんか気持ち悪いから。

レジストリエディタ>コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run "
MouseDriver"
→ 削除する。 ※事前にエクスポートしてバックアップ


2019年9月10日火曜日

Excel VBA:Workbook.Nameで取得できるファイル名が正しくない!? 大括弧"[x]"が丸括弧"(x)"になる!

ファイル名に大括弧 "["、"]" が含まれる場合、Workbook.Nameで取得した名前には、丸括弧 "("、")" に変換されてしまう現象に遭遇。

本来のファイル名は、"〇〇〇[a].xlsx" であるのに
それを開いたWorkbookオブジェクトのNameプロパティを確認すると、
"〇〇〇(a).xlsx" といった具体。


よくよく調べると、ブック名で大括弧を使用されるとExcel的に都合が悪いもよう。
SaveAsで保存する時のファイル名にも似たような問題があるようだ。


■参考
【Excel】ファイル名に半角角括弧を含むブックからシートをコピーするとコピー先ブックが破損する - ktts’s blog
https://ktts.hatenablog.com/entry/2018/08/25/004217

ファイル名の大カッコ(角カッコ)には気を付けろ! -
http://chaichan.lolipop.jp/vbtips/VBMemo2010-03-31.htm


ということで、問題があるのはわかったけど、処理的に大括弧のあるファイル名のファイルを開いて、別名(ファイル名には同じく大括弧使う)で保存しなおす必要があった。


そんなわけで以下のようにした。

・ファイル名には、Workbook.FullName から取得したものを使用する。
 …FullNameだと大括弧のままで取得できる。 
・Workbook.SaveAs の代わりには、
 対象のファイルを、一旦別の仮名で「名前をつけて保存」(本来のSaveAs) → ブックを閉じる → 新しいファイル名に変更する → 変更後のファイル名で開く といった処理を作って対応。

 (マクロブックと、大括弧つきファイル名ブックは別なので、これでいいけど同じファイルだったら、ダメですね。)


そもそも大括弧をファイル名に使わなきゃいいんだな。今回は他のシステムの都合上、どうしようもないのだが、個人的に今後気をつけようと思った。

皆さんもお気をつけください。